*72

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
29
 
病院から帰宅しても、もしパルボだったら・・・・
と思うとなんとなく暗い我が家。

もちろんちびちゃんとも隔離、小春&のん太もワクチンを接種してるとはいえ
絶対に感染しないとは限らないらしいので、接近禁止令が出されました。

実は27日土曜日にワタシの職場の同僚の友人の方が
にゃんずを見に来られる予定だったのですが
こんな状態ではがっちゃんも可哀想だし、先方にも失礼なのでお断りさせていいただきました。

夜中のちびちゃんのミルクタイムの際、低血糖防止のため、
ごく少量のミルクをがっちゃんにも与えました。
が、それもしばらくした頃に嘔吐。泣。
小春の診察のあとに絶対病院行こう・・・・・固く決意。

なんとなく寝れないまま支度開始。
小春の予約時間は9時。
その前に今回関係ないちびちゃんとのん太をリンツ家に預かってもらうため寄り道。
いつもいつも助けてもらって本当にありがとう。感謝の言葉しかありません。

小春の診察の話はまた後日お話しするとして、
診察終えてそのまま車で10分ほど離れたF病院の一般診療へ。

先生に経緯を話し、血液検査の結果を見てもらって出た言葉は
やはりパルボを疑った方がいいとのこと。
まずはパルボか否かで治療が変わってくるので、検査をしましょうとのこと。
幸いこちらの病院は検査キットがあるとのことで結果もすぐにわかるらしい。
(後で聞いたのですが、こちらの病院のパルボの検査キットは犬用だったらしい。
猫用とたいして違わないので犬用で済ませたとのこと。)

結果は・・・・・・・
パルボ、大丈夫でしたーーーーーーーーーーーーー。
いや~~~よかったわ。泣きそうだわ。
この時犬用のキットだと初めて聞いて、大丈夫か再度確認したら
パルボの疑いは晴れたと言っていただきました。

そうなると何が原因が特定するのは難しいのですが
ひどい腸炎か感染症だろうとのこと。
水分を取ってないので再び皮下点滴をしてもらい、
抗生剤と吐き止めの飲み薬を処方してもらって帰ってきました。

その前にのん太とちびちゃんのお迎えにリンツ家へ。
パルボは大丈夫だったと言うと、心の底から喜んでくれたリンツ家夫妻。
本当に本当にありがとう。
そして予想通りアカンたれ炸裂だったのん太、ご迷惑をおかけしました。(^^ゞ


その後家に帰って、何度か下痢をしたがっちゃん。
吐く時も下痢の時も、まずは必ずか細くにゃーと泣きます。
それからうずくまり一生懸命痛みや辛さと闘う姿は、側で見ていて泣けてきます。
なんでまだまだ恋しい母親と引き離されたうえに、こんな苦しさと闘わなければならないのか?

とにかくミルクをちょびっとでも飲んでもらわないと・・・・
ということで、嫌がるがっちゃんにお願い!お願い!と何度も試みました。
幸いもう吐くことはなく、少しずつ少しずつ、ゆっくり回復に向かっているように感じました。


みんなが疲れて寝てる間にパーッとお買い物行って工作開始。
で、出来上がりました。
150629-001
完全別居ハウス。(^^;)

パルボの疑いは消えたけど、まだまだ排泄物は危険らしいので。



ずっとうずくまるような痛みに耐えるような寝姿が多かったのですが、
この日の夜、やっと普通な痛みから解放された寝姿に。
150629-002

早く今までのように ミルク♪ミルク~♪ って走ってきてね。
にゃーにゃー泣きまくるがっちゃんになってね。



Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://72diary.blog.fc2.com/tb.php/477-a350304a
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

ちえちゃん

Author:ちえちゃん
◆菜津◆(1997年7月18日生・♀)
穴掘り命の大女優
2002年に6頭のチビーグルを出産

2014年8月21日に虹の橋へ。
(享年17歳)


◆小春(♀)&のん太(♂)◆
(共に2002年5月23日生)
菜津から産まれた同胎の姉弟

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

訪問ありがとう♪

link

過去日記

●過去ブログ part1
(2005年6月~2006年6月)
●過去ブログ part2
(2006年7月~2011年6月)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR
Copyright © ちえちゃん / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。